忍者ブログ

シノさんの日記

2000年に悪性リンパ腫を発症し、2008年骨髄移植を行い、治療を続けているシノさんの近況ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドナー登録体験談 その2

事務局Bです。

 骨髄ドナー登録体験談の2回目は、ドナーカードの発行までを紹介したいと思います。

(1)献血センターへ
 記入した登録申し込み書を持って、全国の指定された保健所又は、献血センターに行くことになります。私は大宮駅にあります献血センターへ行ってきました。



 かなり以前に何度か献血をしたことがあったのですが、その時は献血バスで行ったので、献血センターの中を訪れたのは生まれて初めてでした。とても明るい雰囲気で、一番ビックリしたのが、献血するためのシートがとっても気持ち良さそうなリクライニングシートだったことです。

(2)受付
 受付でドナー登録にきた旨を伝え、あらかじめ記入してきた登録申し込み書を提出して少し待つと、ドナーカードを渡されました。「これがドナーカードかぁ」と思いながら、これでドナー提供者の資格が与えられたという実感がわいてきました。そしてしばらくして、名前が呼ばれました。「○○さんですね。ではこれから採血します。」とスタッフからの説明がありました。

   


(3)採血
 採血のため、献血ルームに入ります。残念ながら献血ではないので、リクライニングシートには乗らず、普通の椅子に座り、白血球の型を検査するために私の苦手な注射で血を2ml採られました。ベテランのスタッフの方のようで全然痛くなく、あっという間に終了しました。



(4)血圧測定
 無事採血が終了すると、血圧を測るために、小さなブースへ行くように指示されました。その中にはスタッフおり、測定を行いました。



(5)終了
 最後に飲み物を自由に飲める自動販売機(常に各ボタンのところが点灯している)でお茶を選択して、ホッと一息ついて、すべてが終了となりました。

 こんなに簡単に済んでしまうとは・・・というのが最後の感想でした。但し今後、ドナー候補者として実際に提供する時は、更に詳しい検査(健康診断等)をする必要があり、もっと手間がかかることは理解しておく必要があります。これから登録をして見ようと思う方に参考になれば良いと思っています。
 現在、ドナーが現れるのを待っている方が約2000人程いらっしゃるそうです。ぜひご協力をお願いします。

拍手[0回]

PR

TVのちから

事務局Mです。

 最近、改めてTVの影響力ってすごい!と思う事が多々あります。
 だいぶ前ですが、元プロサッカー選手・井原正巳さんのTV・CM出演での呼びかけにより、骨髄バンクの登録者数が急激に伸びたそうです。

 去年大晦日のNHK紅白歌合戦で歌われた秋川雅史さんの「千の風になって」と、団塊の世代代表・すぎもとまさとさんの「吾亦紅」(※レッズの寮の名前と同じだったのですぐワレモコウと読めた私です)の2曲が、発売からだいぶ経ってるにもかかわらず、年明けのオリコンチャートでベスト10に入りました。  「千の風になって」にいたっては、昨年1年間で一番売れたCDなのに、再度紅白で歌われたら、またチャートに返り咲き。確かに楽曲の素晴らしさはありますが、紅白に出てなかったら、こんなには売れなかったのではないでしょうか?

 今回の「シノさんを支援する会」も、浦和レッズ・岡野選手の呼びかけで、たくさんの方から、ドナー登録・募金・応援メッセージを頂きました。先日も新聞で、WHO等が参加する「ストップ結核パートナーシップ」大使に、サッカー・ポルトガル代表ルイス・フィーゴ氏が就任し、結核予防の重要性を世界に発信する。という記事が出てました。

 やはり、好きなタレントやスポーツ選手の言葉はファンにとっては特別なものです。好きな人の呼びかけにより、その内容に興味を示してくれたり、協力してみようかな。って思ってもらえたら、ステキな事ですよね。

 岡野選手はじめ、個人的にボランティア活動されてる著名人の方が沢山います。頭が下がります。厚生労働省ほか各省庁も、もっとメディアを活用した方法で、重要なお願い事を国民に呼びかけてほしい。確かにTVによる悪影響も少なくない事も事実です。ですが、良い事に役立つのであれば、もっと活用すべきかと思います。

 イチローや松坂が、「みんなにお願いがあるんだ!」ってTVで言ってくれたら、きっと助かる人が増えると、私は信じます。

拍手[0回]

ドナー登録体験談 その1

事務局Bです。

 先日ブログでお伝えしましたとおり、ドナー登録の体験談について数回に分けて書いていこうと思います。今回は資料到着&書き込みまでです。

 基本的な流れを説明します。
 まずドナー登録が出来る条件を理解する必要があります。以下の項目すべてに該当すれば、ドナー登録が出来ることになります。

(1)ドナー登録が出来る条件を確認します。
 ・健康な男女
 ・満18歳から54歳まで
 ・体重が男性45キロ以上で、女性40キロ以上
 ・過去に輸血を受けたことがない
 ・治療中または服薬中でない



(2)当会のホームページからドナーズネットのバナーをクリックします。



(3)次に資料請求のバナーをクリックします。

 資料は「電話0120-445-445で郵送してもらう」か「ネットで申し込み、資料を郵送してもらう」方法と、ネットから直接申し込み書を印刷して申し込む方法があります。また、最寄りの献血センターや保健所に行く方法もあります。私の場合は電話で資料請求を行いました。


(4)申し込みから数日後に資料が送られてきます。



(5)記入欄を埋めていきます。



 今回はここまでです。

 *引き続き篠崎さんへの応援メッセージを募集しております。

バナー1

拍手[0回]

篠崎さんからのメッセージ

事務局Bです。

 昨日、篠崎さんへ応援メッセージをまとめたものを渡したところ、本人から以下のメッセージを頂きましたので、事務局の方で、転記いたします。


  こんなにたくさんのメッセージを頂き、本当に嬉しく思います。
  「ありがとう」の言葉だけでは伝えられないほど感謝でいっぱいです。
  15年間レッズサポをやってきて、どんな事も乗り越えられる根性も
  身につきました。
  そこに、皆さんからの応援がプラスです。
  負けるわけにはいきません。
  必ずスタジアムに復帰しますので、その時は一緒に大声を出させて下さい。
  コールの練習は欠かしませんので・・・

  本当にありがとうございます。
  同じ病気の方々にも希望と勇気を与えることができるよう生きていきます。
  それを私に与えてくれた皆さんに心から感謝いたします。

  では、メッセージの冊子を持って行って来ます。


 以上です。当会からも改めてお礼申し上げます。また、引き続き篠崎さんへの応援メッセージを募集しております。

バナー1

拍手[0回]

応援メッセージ

事務局Bです。

 1月初めより当会のホームページにて告知しておりました「篠崎さんへの応援メッセージ」ですが、メッセージ総数149通を頂きました。本当に沢山の応援メッセージをどうも有り難うございました。すべてが心温まるものばかりで、感謝の気持ちでいっぱいです。
 メッセージは事務局の方で、小冊子(下の写真)にまとめまして、本日、篠崎さんへ直接渡しました。引き続き、応援メッセージを募集しておりますので、宜しくお願いします。
バナー1

(追伸)
 本日、当ホームページにて、河合貴子さんのコラムを掲載しました。篠崎さんに対する熱い思いが語られております。

    

拍手[0回]

カレンダー

さほちゃんに米国で心臓移植を!
ご協力をお願いします。


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ



ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION







リボン運動






Jリーグ


リンク

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
シノさん
性別:
女性
趣味:
サッカー観戦

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析