忍者ブログ

シノさんの日記

2000年に悪性リンパ腫を発症し、2008年骨髄移植を行い、治療を続けているシノさんの近況ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

献血義務化法案?

事務局Mです。

 最近、どうしたら献血に協力してもらえるか?と考えますが、なかなか良い案が生まれません・・。献血ルームや献血カーが街なかにありますが、外出する時って用事があり、あまり時間が無かったりして、通り過ぎてしまいます。。

 ちょっと過激な提案ですが、献血を義務化出来ないものか?と思ったのですが、どの案もイマイチ問題ありでした・・。

①会社・学校の定期健康診断に献血を組み込む
 血液検査用採血の際、かなりの量の血を採られるので、これ以上採られたら倒れる人続出なのでボツ。
②成人式会場での献血義務化
 成人式会場に献血スペースを設けて式典前に献血をする。毎年暴れる新成人も、献血により血の気が少なくなり、大人しくなる。が、慣れない晴れ着の女子は、ただでさえ帯が苦しいのに、更に貧血になるのでボツ。

 私の頭では、こんな事くらいしか考えつきませんでした・・。情けない・・。

 今年の「はたちの献血キャンペーン」も2月29日で終わります。これは毎年、献血者が減少しがちな冬季に、新成人の若者を中心に、献血に関する理解と協力を求めるものです。ただ、このまま善意の献血のみに頼っていて良いのでしょうか?
 健康で献血可能な人から、定期的に協力してもらえる方法を模索しても良いのでは?病気や事故で、輸血・血液製剤を必要とする人がいっぱいいます。介護保険料は、高齢化社会になり必要なものなので、40歳以上になると徴収されます。
 人の命が助かる献血も同じように必要なものです。ある程度、義務化に近い形にしても良いのでは?と個人的に思った次第です。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

さほちゃんに米国で心臓移植を!
ご協力をお願いします。


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ



ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION







リボン運動






Jリーグ


リンク

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
シノさん
性別:
女性
趣味:
サッカー観戦

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析