忍者ブログ

シノさんの日記

2000年に悪性リンパ腫を発症し、2008年骨髄移植を行い、治療を続けているシノさんの近況ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと不満

先週の出来事ですが・・・
ハローワークから紹介があって
ある会社に行って来ました。
はい、面接です。

どなたでもご存知の大きな会社。
さいたま新都心にあり
通勤至便
仕事も事務職という事で。

私と同年代ほどの男性二人と面接
色々な質問の後
「病気の名前は?」。。。「悪性リンパ腫です」
「それはどんな病気?」。。。「血液のガンです」
「そのガンは進行性?」。。。「・・・・」

何を聞きたかったのでしょうか?
私の余命?
私だって知りたいですよ~
じゃあ貴方の余命ってわかります?
そう言い返したかった。

慢性のがん
なんて聞いたことがないし。
進行性だったら、こんな所へ来て
貴方となんて面接している時間もったないし。

50も過ぎた良識ありそうな方が
この質問。
驚きでした。

面接の後に適正試験とやらがあるのですが
こちらからお断りさせて頂きました。
駐車場の確保ができないので
借りるとしたら自己解決になるそうなので
一応それを理由に
「物質的に無理だと思いますので」と。
お互いに時間の無駄を省きましょうと。

でも、ちょっと不満が残っていたので
最後に気持ちは伝えました。

がんの人に「進行性ですか?」という質問は
いかがなものでしょうか?
多分、皆さん良い気持ちはしないと思います。
「がん」は不治の病ではありません。
人に隠す病気でもありません。
今日元気な人も明日はどうなるかわからないのですから
そういう意味では皆、進行性だと思います。

そこで謝られてもね。
別に私に謝って欲しくて言ったわけではなく・・・
ちょっと不満でちょっと悲しかったのです。

まぁ、そんなわけで却下してきました。
でもぉ~きっと同じような質問をしているんだろうなと。
障害者を対象に募集している企業ですが
ケガが原因だったり
先天的なものだったり
色々な原因があるだろうけど
皆に聞いているような気がします。

「これから先悪くなることはありますか?」
なんてね。
私も進行性以外にも聞かれました。

「頭に転移するとか上腕が利かなくなるとか可能性ありますか?」と。

そんな事私にだってわからない。
ドクターだってわからないって言ってるし。

私たちが求めているのは
将来の可能性であり
治る見込みであり
社会への参加であるのになぁ

で、そこの会社。
大きい会社なので、そこはそれ。
設備も整っていて
障害者が働く為のセンターみたいになっているらしい。
完全バリアフリー
トイレも男女別に車椅子用がある。
残念なのは駐車場確保ができないという事かな。
公共交通機関利用と言っても
北浦和はエレベーターないし
バスは混雑時の利用は大変難しい。

何よりも残念なのは
総務人事担当の面接の方か!!??



  






拍手[12回]

PR

カレンダー

さほちゃんに米国で心臓移植を!
ご協力をお願いします。


06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ



ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION







リボン運動






Jリーグ


リンク

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
シノさん
性別:
女性
趣味:
サッカー観戦

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析