忍者ブログ

シノさんの日記

2000年に悪性リンパ腫を発症し、2008年骨髄移植を行い、治療を続けているシノさんの近況ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面接会

「障害者県南地域就職面接会」

なる物へ行って来ました。
先ず、入り口でびっくりです。
階段でした・・・
しかも並んでいる。

係りの人がいらしたので
「どこから入れば良いですか?」
の問い合わせをしたところ
困惑の顔

「お待ち下さい」
って・・・!!!???

今日は確か「障害者就職面接会」だよね?
車椅子の来場者は充分に想定内でしょ
入り口に立つ係りは把握しておかないと。。。

最初からギャフンな気持ちです。
で、こちらから~と言われ中に入ると
先ほどの入り口の方では
受付の為に並んでいる人がいるわけで
最後尾は階段の下?

何だかなぁ~
怒って帰りたくなった。

しかし、怒るのは負のエネルギー
使ってはダメなエネルギー
落ち着いて落ち着いて・・・
笑顔で近くの人に質問。

まぁ、それで受付は代わりにしてくれて
後は順番を待つだけ。
でも、孤独・・・

周りを見ると
車椅子や足の不自由な人は
どこかのセンターからまとまって来ているようでした。
付き添いの方も多くいます。
目の不自由な方も付き添いがいます。
手話の方もいました。

その他は多分
身体障害者ではなく心身障害者。
きちんとリクルートスーツ姿の若い人がたくさん。

参加企業は55社
応募者は事前にわかっているだけで350人ほどどか。

早めに行ったので順番も早く
3社の面接でも開始から1時間半かからず終了。

企業と障害者を結ぶ大切な会です。
大事なことだと思います。
こうした機会を持ってくれる事に感謝ですね。

私の感想は
障害の枠をもう少し明確にして欲しいなと思います。
面接をして始めてわかる事実。
社内が狭くて車椅子が無理だとか
面接で初めて知るのはどうも・・・
その場でキャンセルです。

ここは車椅子でも大丈夫ですよ~
とか
ここは目が不自由でも大丈夫ですよ~
とか
ね、わかっていたらいいのにと。

そんなわけで
3社ともバリアフリーに問題ありでした。

それにしても
面接する企業の方が若くて。
息子が前にいるみたいで笑えました。
しかも、言葉使いが可笑しい。
直してあげたくなってしまう自分が更に可笑しい。

日本語って難しいのかなぁ?
なんて考えながら面接していました。



拍手[14回]

PR

カレンダー

さほちゃんに米国で心臓移植を!
ご協力をお願いします。


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ



ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION







リボン運動






Jリーグ


リンク

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
シノさん
性別:
女性
趣味:
サッカー観戦

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析