忍者ブログ

シノさんの日記

2000年に悪性リンパ腫を発症し、2008年骨髄移植を行い、治療を続けているシノさんの近況ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広めたい!「クリック募金」

事務局Mです。



 先日放送された骨髄バンクのドラマ「三十万人からの奇跡」を見た際、テレビ東京のHPを何気なく覗いたら、ドラマにちなんだ「クリック募金」をやっていて、初めてその存在を知って、早速クリックさせて頂きました。



 企業のHP上で、寄付を必要とするNPOなどのボタンを1回クリックすると、企業がその人に代わって1円を寄付するという仕組み。なんて画期的なんだろう!どんな人が考えたんだろう?と思ってたら、先日この仕組みを米国から日本に持ち込んだ方が新聞で紹介されてました。ディ・エフ・エフ社長の清水久敬(ひさゆき)さん。何と若干30歳!アメリカ留学中にクリック募金を知り、飢えに苦しむ人々を助けるため、国連世界食糧計画(WFP)に募金を届けるというもので、ワンクリックで1.5杯分の栄養食になる。という仕組みに感動し、是非日本にも広めたい!と思ったそうです。


 帰国後ポータルサイトを開設し、実施してくれる企業を募り、そこから契約料を受けてサイトを運営するビジネスを開始したが、「募金は本来、寄付しようとする人が払うもの」という概念から、企業集めは難航し、興味を示してもらえても、いざ導入となると二の足を踏む企業も多かったとの事。現在は、キリングループ・コスモ石油など大手企業中心に約50社が導入し、寄付総額は今年3月末時点で、約1億8000万円に達し、難病支援や途上国での医療活動、環境保全など様々な資金にあてられてるそうです。



 導入した企業からは「クリック募金へのアクセスが多く、自社のホームページの閲覧数が大きく伸びた」と喜びの声も届き、企業としても、社会貢献しながら宣伝効果も望めるこのシステム。もっともっと多くの企業に参加してもらいたいです。



 こんな素晴らしいシステムを持ち帰ってくれた清水さんに感謝です。

 私もまだ知らない人に、是非伝えて行こう!と思います。




クリック募金
http://www.dff.jp/



骨髄バンククリック募金
http://kakaku.com/donation/

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

さほちゃんに米国で心臓移植を!
ご協力をお願いします。


11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ



ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION







リボン運動






Jリーグ


リンク

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
シノさん
性別:
女性
趣味:
サッカー観戦

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析